• ホーム
  • マンション購入の初期費用ってどれくらい?

マンション購入の初期費用ってどれくらい?

マンションの購入を検討する際に無視できないのが、費用の問題です。
お金の問題と言われても、住宅ローンを組んで買うので心配する必要はないと思っている方もいるでしょう。
確かに住宅ローンを組めば、購入金を分割で支払っていけます。
ですが住宅ローンを組んだとしても、購入には初期費用が必要になるという点を忘れないようにしましょう。

例えば必要な初期費用の1つに、頭金があげられます。
中古か新築のどちらで購入するにしても、住宅ローンで全額を支払うのではなく一般的には頭金が必要です。
頭金は全体の費用の1~2割程度が多いので、あらかじめどのくらいの価格の物件を選ぶのか考えていきましょう。

また物件価格で忘れてはいけないのが、各種諸費用も必要になるという点です。
実は物件価格に応じて税金が必要です。
税金の問題は忘れている方が多いので、早めに把握しておくことが大切です。

ほかにもマンションの購入で必要な諸費用の1つに、仲介手数料があげられます。
中古でも新築でも、マンションを探す場合には仲介業者を利用する方がほとんどです。
そして仲介業者を利用した、仲介手数料がかかります。
実際に必要な仲介手数料の額は、業者によって異なります。
業者を利用する前に、どのくらいの仲介手数が必要になるのか把握しておきましょう。

また実際にマンションを購入したとしたら、その後に引越しの費用などもかかります。
貯金の全額を頭金にしてしまうと、引越す際のお金が足りずに困ってしまう方も見られます。
自分の貯金の中から、頭金などに使える額の割り合いを考えて行動することが大切です。
お金の割り合いをトータルで考えて動くことで、より良い形でマンションを買って引越すことにもつながります。

引越しにかかる料金というのは、引越し業者に支払うお金だけではありません。
新しく購入したマンションに合わせて、家具や家電を買い替えるという方もいます。
さらにカーテンなどもそろえると、何かとお金が必要です。
さまざまな費用が必要なことを考えて、余裕を持った資金計画が欠かせません。

住宅ローンを組む場合は、将来的な生活の負担を検討することも大切です。
毎月の支払い額の負担が多いと、自分が自由に使えるお金が減って嫌な思いをするかもしれません。
日々の生活の負担を減らすために、無理のない範囲で購入できる物件を選ぶようにしましょう。
さまざまな視点から考えて、マンション購入の予算を決めることも必要です。